閲覧中のページ:トップ >

月刊文化通信ジャーナル 2022年6月号

月刊文化通信ジャーナル

2022年6月号

映画・放送・音楽の業界誌「文化通信ジャーナル」
2022 VOL.62 NO.6(通巻734号)

【インタビュー】
久保正則 ㈱東急レクリエーション取締役常務執行役員
「109シネマズプレミアム新宿」2023年4月開業、映画館の常識を覆す

【インタビュー】
石井紹良 REMOW㈱代表取締役社長
日本作品の海外収益最大化を実現する 新会社「REMOW」設立、9社から12.8億円資金調達

【インタビュー】
北原栄治プロデューサーに聞く
精鋭集団「分福」の両輪 ~自由に作れる場所づくりとデビュー支援~

【音楽業界トピックス】
中期経営計画「avex vision 2027」発表/多様な地域・分野で“愛される”IPの発掘・育成目指す

【放送業界トピックス】
日テレ新会社「ClaN」プロジェクト発表/事業提案者の大井基行氏、20代で社長に抜擢

【放送業界トピックス】
TBS 韓国に新会社スタジオ・トゥーンを設立/電子マンガ「webtoon」制作‐世界視野に映像化

【音楽業界トピックス】
徴収額は史上2番目の1167.3億円/アジア・太平洋の団体と集中管理システム開発も
JASRAC、2022年定例記者会見を開催

【文化通信社 創立70周年】
プレイバック!!文化通信ジャーナル  vol.2  1979年8月号
岡田裕介氏、『動乱』を語る

■記者座談会
コロナ禍以降の洋画興収トップは「ファンタビ」
GW興行トップは90億円近い「名探偵コナン〜」

■ひと
伊藤伴雄(㈱ディグ&フェローズ プロデューサー)
企画プロデュースを手掛けた『とんび』『峠 最後のサムライ』今年公開

■アルバムは語る
プロフェッショナルな姿勢に感銘
カルチュア・エンタテインメント㈱
カルチュア・パブリッシャーズ 劇場配給宣伝 ユニットリーダー 
戸村敏彦

■岡田光由のハリウッド フォーカス
MGM会長と社長がワーナー・ディスカバリーへ移籍か!

■関根忠郎の映画業界一意専心
出会う・触れる・関わる・移動する──人は皆、
自分という「車」を懸命に操作して生きている。

■室井實のTV WATCH
春ドラマ総括:気になる新ドラマ13
刑事・高校コーチ・新入社員・弁護士

■渡邉裕二の芸能事件簿 見聞録
第87弾 ハイジャック機 加藤登紀子遭遇

NEWSダイジェスト
《映 画》
《放 送》
《ビデオ・動画配信・IP》
《音 楽》

資料の頁
●日本映画製作状況
●2022年配給会社月別興収
●2022年3月レコード生産実績
●オリコン作品別ベストセラー(月間売上枚数)順位表
●2022年3月度ビデオソフト売上速報
●2022年3月度映像配信月間売上統計報告

■文化ライタース

――――――――――――――――――――――――――――
■B5縦、モノクロ(表紙および広告など、一部カラーページあり)
■価格:1,870円(税込、送料無料)
■発売日:2022年5月30日(月)
――――――――――――――――――――――――――――

購読申込はこちら

バックナンバー

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年