閲覧中のページ:トップ >

月刊文化通信ジャーナル 2014年3月号

月刊文化通信ジャーナル

2014年3月号

映画・放送・音楽の総合専門誌
「月刊文化通信ジャーナル audio&visual Journal」
2014 VOL.54 NO.3(通巻635号)

●トップインタビュー
鈴木武幸 東映(株)専務取締役
『相棒‒劇場版Ⅲ』は孤島を舞台にスケールアップ

●話題の焦点
2014年映画興行/東宝1月新記録
昨年シェアを伸ばしたアニメ及び洋画は?

●クローアップ
動員1億5588万人、興収1942億円で興収は微減
日本映画製作者連盟、2013年の全国映画概況を発表

●業界最前線
-新名称は「スタジオセディック庄内オープンセット」に
  運営管理はM&N CO(株)で丸山典由喜氏が代表取締役
-テレ朝5ヵ年経営計画、視聴率4冠獲得宣言
  課題の格差解消へ広告売上トップグループを
-サウンドスキャン、13年映像ソフト売上動向発表
  売上額0.1%増、数量1.8%減、Eコマ拡大
-マル研、セカンドスクリーンOAトライアル
  2・3月に系列越え全国のテレビ20局で実施
-ワーナー・クラシックス、新体制でコンベンション開催
  EMIとVirgin統合、没後25年カラヤン企画など

●NEWS FLASH
《映 画》《放 送》《ビデオ》《音 楽》

●2014年1月レコード生産実績

●有楽町スクランブル

●資料の頁
-映連/過去興行収入上位(2012年)
-2014年度邦画3社番組/興収
-2014年度邦洋月別興収
-民放キー局「長時間ドラマ」視聴率
-2013年12月度ビデオソフト売上速報
-2014年度洋画系東京RS成績
-2013年度全国映画概況成績
-洋画系RS劇場別2013年年間興行成績
-日本映画歴代興収ベスト100
-日本公開外国映画歴代興収ベスト100
-オリコン作品別ベストセラー(月間売上枚数)順位表
-在京TV各局「劇映画」視聴率一覧

●ずいひつ
田中 聰/坂田俊介/川端健嗣

●ハリウッド情報(岡田光由)

●ビデオグラム情報(関根忠郎)

●テレビ最新情報(室井 実)

●アルバムは語る
「銀座テアトル西友」と「サンダンス・フィルム・フェスティバル・イン・トーキョー」
ブロードメディア(株) 技術サービス本部デジタルシネマ部 マネージャー
生川 孝

●文化ライタース

※クレジットカードまたはコンビニ決済でのご購入をご希望の方は、
富士山マガジンサービスからもお申込み頂けます。
 
 
 コチラ
購読申込はこちら

バックナンバー

2019年

1月号│ 2月号│ 3月号│ 4月号│ 5月号│ 6月号│ 7月号│ 8月号│ 9月号

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年