閲覧中のページ:トップ >

月刊文化通信ジャーナル 2004年11月号

月刊文化通信ジャーナル

2004年11月号

●インタビュー/関一郎・松竹(株)アニメ事業本部長
社内ベンチャーのたちあげ/5年後単黒目指す

●話題の焦点
風雲急のギャガ・コミュニケーションズ
有線ブロード増資検討で“復活”なるか

●ワイド特集/
(1)韓国2作品「オールド~」「誰~」11月公開
 東芝E、韓流ブームでヒット狙う宣伝戦略
(2)大人の濃密な純愛映画「透光の樹」公開
 “日本映画の技術の結晶”と岡田裕P
(3)広告推進の機関設立、早期デジタル化を要望
 ラジオ放送事業者、低迷する広告費に危機感
(4)コンセプトは“DVDで楽しむ映画”
 新星堂、第17回東京国際映画祭に協賛

RANDOM ACCESS
「二十四の瞳」など全49作をDVD-BOXで/松竹、創業110年記念「木下恵介」DVD化

NEWS FLASH
《ビデオ》《映 画》《放 送》《音 楽》

■有楽町スクランブル

資料の頁
●オリコン作品別ベストセラー(月間売上枚数)順位表
●全米映画興行ランキング
●2004年度邦画3社番組/興収
●2004年度邦洋月別興収
●2004年度洋画系東京RS成績
●在京TV各局「劇映画」視聴率一覧
●2004年8月度ビデオソフト売上速報
●民放キー局「長時間ドラマ」視聴率

■ずいひつ
堀越むつ子/芝原聡一郎/新倉廣治

■ハリウッド情報(松倉郁夫)

■ビデオグラム情報(日野康一)

■アルバムは語る/ブルック・シールズとミンクのテディ・ベアー
(株)ペイ・パー・ビュー・ジャパン(PPVJ)代表取締役社長 奥村隆市

■文化ライターズ 購読申込はこちら

バックナンバー

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年