閲覧中のページ:トップ >

月刊文化通信ジャーナル 2006年3月号

月刊文化通信ジャーナル

2006年3月号

●トップインタビュー/黒井和男・角川ヘラルド映画社長
角川とヘラルド合併で総合映像会社を目指す

●特集/エンジェル大賞
日本映画復権の一翼担うエンジェルたち

●話題の焦点
日本映画界にリメイク旋風吹き荒れる
背景に確かな知名度、出版との連動など

映像最前線
垣根を越えた“感動”目指して/シネカノン 代表取締役 李 鳳 宇
松竹、邦画中心の06年~07年ラインナップ/年間興収は04年度を越え300億上げたい
エスピーオー、六本木に直営館を3月開業/興行事業に参入、心斎橋ほか劇場網拡張へ
06年シネコン、出店ペースさらに加速/動員が頭打ち、収益悪化を懸念する声
常設アニメ情報基地「東京アニメセンター」/秋葉原駅前に3月15日開設、3Dシアターも

放送最前線
目標の売上50億円達成には自信がある!/スカパー・モバイル、事業本格的に始動
初年度VODサービス利用100万件超え/ジュピターVOD、06年度売上15億円目標
信頼回復へ組織・業務スリム化、外部役員も/NHK、18~20年度「経営計画」で改革姿勢

NEWS FLASH
《映 画》《ビデオ》《放 送》《音 楽》

■有楽町スクランブル

資料の頁
●全米映画興行ランキング
●映連資料
●2006年度邦洋月別興収
●2006年度邦画3社番組/興収
●2006年度洋画系東京RS成績
●洋画RS2005年下半期作品別成績
●洋画RS劇場別2005年年間興行成績
●日本映画歴代興収ベスト51
●日本公開外国映画歴代興収ベスト50
●オリコン作品別ベストセラー(月間売上枚数)順位表
●2005年12月度ビデオソフト売上速報
●DVD生産実績
●民放キー局「長時間ドラマ」視聴率(1)
●在京TV各局「劇映画」視聴率一覧
●民放キー局「長時間ドラマ」視聴率(2)

■ずいひつ
永井さゆり/後藤 優/鈴木 忍

■ハリウッド情報(松倉郁夫)

■ビデオグラム情報(日野康一)

■アルバムは語る/TVアニメ時代の仕事仲間と思い出のクルーザー
東宝(株)取締役・映像事業担当 藤原正道

■文化ライターズ 購読申込はこちら

バックナンバー

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年