閲覧中のページ:トップ >

月刊文化通信ジャーナル 2006年12月号

月刊文化通信ジャーナル

2006年12月号

●トップインタビュー/鈴木英夫 ブエナビスタ インターナショナル ジャパン日本代表
ブエナビスタイズム“信頼”の継承

●トップインタビュー/岡村正郎 ㈱ワーナー・マイカル専務取締役
シネコン経営が難しい時代になった

●話題の焦点
調達の一元化と作品収支の最大化目的に
松竹、10月30日付で映像本部の機構改革

●クローズアップ
第1弾「M」、2弾「図鑑に載って」、3弾「転々」等
ザック、映画製作業に進出し年間4~5本製作

映像最前線
東映、子会社東映興業不動産㈱を吸収合併/11月28日付/併せて東映株式も30億で取得
“早急に劇場での盗撮を罪する法律を”と岡田社長/映連、東京国際映画祭で海賊版対策セミナー開催
キュービカルE、新たな配給事業へGO!/“会社のカラーは出さない”と川村静哉社長
金沢興行街、シネコン激戦地に新館誕生/商圏人口90万人、07年に5サイト乱立
主体・財源・政府との距離等課題は山積/総務省「映像国際放送~検」議論は佳境
JSAT統合メリットで加入促進とHD推進/スカパーの支配力拡大、欧米型構造に近づく
フォーライフME、締切りから7日以内に結果を返答/「7DAYSオーディション【速答】」11月1日開始



NEWS FLASH
《映 画》《ビデオ》《放 送》《音 楽》

■有楽町スクランブル

資料の頁
●全米映画興行ランキング
●2006年度邦画3社番組/興収
●2006年度邦洋月別興収
●日本映画製作状況一覧
●オリコン作品別ベストセラー(月間売上枚数)順位表
●在京TV各局「劇映画」視聴率一覧
●2006年9月度ビデオソフト売上速報
●民放キー局「長時間ドラマ」視聴率
●解説/許諾・徴収と分配の仕組みについて


■ずいひつ
山田修睦/木崎 徹/吉川明利

■ハリウッド情報(松倉郁夫)

■ビデオグラム情報(日野康一)

■アルバムは語る/have a nice movil
相鉄ローゼン㈱ 営業本部テナント運営部統括マネージャー 上原 昇

■文化ライターズ 購読申込はこちら

バックナンバー

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年