閲覧中のページ:トップ >

月刊文化通信ジャーナル 2004年7月号

月刊文化通信ジャーナル

2004年7月号

●TOPインタビュー/高橋浩・東映アニメーション(株)社長
デジタル時代をどう先取りしていくのか

●ブエナビスタ(BVIJ)の真骨頂、キャラクター宣伝再び
ブラッカイマー製作「キング・アーサー」が挑む夏休み興行

●特集/D12アルバム「D12ワールド」
エミネム――D12の日本制覇が始まる…

●ワイド特集/
(1)アスミック・エースE、注目の邦画製作続く
 “パッケージとしての華を”と小川真司P
(2)CS放送、デジタルTV好調の波に乗れるか
 スカパーは攻勢体制、衛放協も新体制で挑む
(3)「成長の為の事業方針」その中身とは?
 アミューズ、連結340億円目指す3年計画
(4)第3回日本映画エンジェル大賞決定
 過去受賞企画の開発・製作も進行中

●話題の焦点
今夏12サイト開業でシネコンラッシュ再び
今秋以降も続々、いよいよ過当競争突入か

RANDOM ACCESS
「ラストサムライ」DVD120万枚突破!/WHVが歌舞伎座で吹替版の上映会を開催

NEWS FLASH
《ビデオ》《映 画》《放 送》《音 楽》

■有楽町スクランブル

資料の頁

●全米映画興行ランキング
●2004年度邦画3社番組/興収
●2004年度邦洋月別興収
●2004年度洋画系東京RS成績
●民放キー局「長時間ドラマ」視聴率
●在京TV各局「劇映画」視聴率一覧
●2004年4月度ビデオソフト売上速報

■ずいひつ
中川好久/山口隆広/藤 慶英

■ハリウッド情報(松倉郁夫)

■ビデオグラム情報(日野康一)

■アルバムは語る/“若大将”に憧れて…
㈱東京放送事業本部コンテンツ事業局映像事業部長 斎藤 薫

■文化ライターズ 購読申込はこちら

バックナンバー

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年