閲覧中のページ:トップ >

月刊文化通信ジャーナル 2018年12月号

月刊文化通信ジャーナル

2018年12月号

映画・放送・音楽の業界誌「文化通信ジャーナル」
2018 VOL.58 NO.12(通巻692号)

発売日:2018年11月末発売

【インタビュー】
KADOKAWAのアニメ新戦略 ―激変する環境のなか、アニメを入口にどう稼ぐか―
菊池 剛 アニメ事業局 局長 兼 イベント事業推進室 室長
工藤大丈 アニメ事業局 局次長 アニメ企画部 兼 アニメ宣伝部 部長

【インタビュー】
奥山大史監督/初長編映画『僕はイエス様が嫌い』
サン・セバスチャン 史上最年少受賞で世界へ

【特集】
新4K8K衛星放送 12月開局
魅力の超高画質!放送価値の再向上につなぐ / 課題の普及促進‐番組始まってからが勝負

【映像トピック】
「ビデオの日」実行委員会 × 東京国際映画祭共催
日比谷の野外上映が大盛況

【音楽トピック】
セミナー9本/ショーケースでは計41組のアーティストが出演
「第15回東京国際ミュージック・マーケット」昨年を大きく上回る5710名が来場

【特別企画】
人との出会いが導いたヒット・メーカーへの道…
「はっぴいえんど 大瀧詠一」 急逝から5年 語り歌い継がれるあのメロディ

■記者座談会
秋口含め、年間通したバランスいい興行への道筋
「ボヘミアン〜」「ヴェノム」が11月に大ヒット

■ひと
市山尚三 (株)キノ・インターナショナル代表取締役社長/東京フィルメックスディレクター
今年5月の木下グループ入りは、木下代表が即決で決定

■アルバムは語る
1964年の東京オリンピック皇室試写会
元東宝東和宣伝部アートプロデューサー大山禮二

■岡田光由のハリウッド フォーカス
「ローマ」でオスカー狙いにきた
ネットフリックス

■関根忠郎の映画業界一意専心
銀幕に映えた濃密な人間感情の光芒
師匠・橘喜代次と作った映画惹句1万本。

■室井實のTV WATCH
何故か弁護士と恋愛ものが
目立った新企画の「秋ドラマ」

■渡邉裕二の芸能事件簿 見聞録
第45弾 さんま×しのぶ 26年前の離婚劇

NEWSダイジェスト
《映 画》《放 送》《ビデオ》《音 楽》

資料の頁
●日本映画製作状況
●2018年配給会社月別興収
●在京TV各局「劇映画」視聴率一覧
●民放キー局「長時間ドラマ」視聴率
●2018年9月レコード生産実績
●オリコン作品別ベストセラー(月間売上枚数)順位表
●2018年9月度ビデオソフト売上速報

■文化ライタース

※クレジットカードまたはコンビニ決済でのご購入をご希望の方は、
富士山マガジンサービスからもお申込み頂けます。
購読申込はこちら

バックナンバー

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年