閲覧中のページ:トップ >

月刊文化通信ジャーナル 2012年3月号

月刊文化通信ジャーナル

2012年3月号

文化通信ジャーナル audio & visual Journal
2012 VOL.52 NO.3 (通巻611号)

◎バックナンバー一覧はコチラ

※クレジットカードまたはコンビニ決済でのご購入をご希望の方は、
富士山マガジンサービスからもお申込み頂けます。
コチラ

●特集/新BSデジタル放送スタート第2弾
BS31chに拡大!相乗効果期待~多チャンネル化の新ステージ突入~


▽BS釣りビジョン/「e2」基本パックchに決定!幅広い層を意識へ
 (株)釣りビジョン代表取締役社長 有澤 僚
▽IMAGICA BS/大人向け映画とドラマ-こだわりの編成
 (株)IMAGICA TV代表取締役社長 伊藤 明
▽BS日本映画専門チャンネル/日本映画の魅力を伝えるのが使命
 日本映画衛星放送(株)代表取締役社長 杉田成道
▽ディズニー・チャンネル/家族がひとつになる魔法のチャンネル
 ウォルト・ディズニー・ジャパン(株)
 テレビジョン マーケティング エグゼクティブ・ディレクター 中村賢司
▽Dlife/ディズニーの大人の女性向け新チャンネル
 ブロードキャスト・サテライト・ディズニー(株)代表取締役社長 児玉隆志

●インタビュー
鳥羽乾二郎
日活(株)取締役企画製作部門長兼100周年実行委員長
日活100周年は千載一遇のビジネスチャンス

●スペシャル・インタビュー(1)
ポール・マッカートニー
 “今やらなければ、もう絶対にやらなかった…”
5年ぶりアルバムは スタンダードナンバーに初挑戦!!

●スペシャル・インタビュー(2)
ラナ・デル・レイ
 “YouTubeで爆発的アクセス!!”
グラミー賞主要部門3冠 アデルに続く次世代女性シンガー

●話題の焦点
映連加盟4社今年はアニメの動向に大注目
定番アニメに新感覚アニメが新たに登場

●クローズアップ
興収1812億円、動員1億4473万人と前年比減
日本映画製作者連盟、平成23年全国映画概況を発表

●映像最前線
・作品力、3.11、飽きられたシネコン、話題作り…
 /昨年何が問題だったのか─映連会見で各社分析
・家族を描く伝統、震災後で意味合いが増す
 /松竹、2012〜13年ラインナップ発表会
・アニメ充実、「カナリア」は11月3日公開に
 /東映、2012年ラインナップ発表会開催
・角川出版物の映画を軸に、アニメ、洋画も充実
 /角川書店、2012年ラインナップ発表会開催
・新大型アニメイベント「ACE2012」
 /3月31日・4月1日幕張メッセで初開催へ

●音楽最前線
・世界的にクラシック注力、関係者へアピール
 /ユニバーサルM、レセプションを盛大に開催

●NEWS FLASH
《映 画》《放 送》《ビデオ》《音 楽》

■有楽町スクランブル

資料の頁

●全米映画興行ランキング
●2012年度邦画3社番組/興収
●2012年度邦洋月別興収
●2012年度洋画系東京RS成績
●平成23年度全国映画概況
●日本映画歴代興収ベスト100
●日本公開外国映画歴代興収ベスト100
●洋画系RS作品別2011年下半期興行成績
●洋画系RS劇場別2011年年間興行成績
●レコード協会調べ  有料音楽配信チャート
●在京TV各局「劇映画」視聴率一覧
●民放キー局「長時間ドラマ」視聴率
●2011年12月度ビデオソフト売上速報
●オリコン作品別ベストセラー(月間売上枚数)順位表
●2011年度日本ゴールドディスク大賞

■ずいひつ
内藤昭浩/出水秀和/谷國大輔

■ハリウッド情報(岡田光由)

■ビデオグラム情報(関根忠郎)

■テレビ最新情報(室井 実)

■アルバムは語る/この10年を振り返り、そしてこれからの10年に向けて
(株)シンカ代表取締役 スージュン

■ 文化ライタース
購読申込はこちら

バックナンバー

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年