閲覧中のページ:トップ >

月刊文化通信ジャーナル 2006年10月号

月刊文化通信ジャーナル

2006年10月号

●トップインタビュー/迫本淳一松竹㈱代表取締役社長
06年下期以降は邦画中心の配給体制を導入

●話題の焦点
大阪ミナミ、東宝、松竹=Tジョイ全面対決
京阪神地区で相次いでシネコンがオープン

●クローズアップ
日活、新社名ロゴを決定、スタートは10月1日より
インデックス傘下で1周年/ラインナップは来春発表に



映像最前線
角川ヘラルド映画、洋画買い付け見直しの方向/邦画、韓国映画、合作作品等中心の配給体制へ
東宝映像事業部、洋画の中級作品販売強化へ/非映画の権利取得専任者置き、多様な作品扱う
ブエナビスタIJ史上、年間興収新記録を樹立/“新しい宣伝スタイル発信”と中村賢司本部長
総製作費5億円「龍が如く」他続々と製作/セガ、攻めの姿勢で映像事業を本格始動!!
イオンシネマズ、劇場への投資を一挙拡大/新規出店が続々、既存サイトの改修も計画
ベネチア映画祭に「蟲師」と「魔笛」出品/東芝E07年の期待作、因藤宣伝部長に聞く
「旅チャンネル」開局10周年新スタート/JIC 最大利益追求へライツ事業注力
日本初の映画P養成専門職大学院今春開校/映画専門大学院大学、工藤英博学長に聞く
ASE、ユナイテッド・シネマとタッグ/「いちばんきれいな水」の強力宣伝展開

NEWS FLASH
《映 画》《ビデオ》《放 送》《音 楽》

■有楽町スクランブル


資料の頁
●全米映画興行ランキング
●2006年度邦画3社番組/興収
●2006年度邦洋月別興収
●日本映画製作状況一覧
●オリコン作品別ベストセラー(月間売上枚数)順位表
●在京TV各局「劇映画」視聴率一覧
●2006年7月度ビデオソフト売上速報
●民放キー局「長時間ドラマ」視聴率


■ずいひつ
高橋裕二/成田正人/小金澤剛康

■ハリウッド情報(松倉郁夫)

■アルバムは語る/入交ホンダ副社長との出会い
㈱グッデイ代表取締役 神林一夫

■文化ライターズ 購読申込はこちら

バックナンバー

2019年

1月号│ 2月号│ 3月号│ 4月号│ 5月号│ 6月号│ 7月号│ 8月号│ 9月号

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年