閲覧中のページ:トップ >

月刊文化通信ジャーナル 2004年6月号

月刊文化通信ジャーナル

2004年6月号

●角川HD、ドリームワークスとパートナーシップ締結
総額1億ドルを出資し35作品の配給権を獲得

●いま話題の女子弦楽四重奏団「bond」
“妖”と“艶”で魅了! 魅惑の4人組カルテット

●ワイド特集/
(1)プロダクションI.G、フィールドは世界
 “押井監督の蒔いた種が武器”と石川代表
(2)宇都宮の映画興行街、シネコン開業で激変
 松竹、東宝の2館では興収18億円を見込む
(3)求められる視聴データ開発にどう応えるか
 BSデジタル放送、普及上向きの中の課題
(4)邦楽部門の新人大当りで“増収増益”に
 好調!ソニーM、今年も攻めの経営展開

●話題の焦点
「ホーンテッド~」が制した04年GW興行
予想上回る大健闘!「CASSHERN」

RANDOM ACCESS
秋葉原にアニメ専門の映画館がオープン!/座席数105、アニメオタクがターゲット

NEWS FLASH
《映 画》《ビデオ》《放 送》《音 楽》

■有楽町スクランブル

資料の頁
●全米映画興行ランキング
●2004年度邦画3社番組/興収
●2004年度邦洋月別興収
●日本映画製作状況一覧
●JIMCA 2003年度(1/1~12/25)活動報告
●在京TV各局「劇映画」視聴率一覧
●2004年3月度ビデオソフト売上速報
●DVD生産実績

■ずいひつ
太田裕子/松山浩士/松尾理絵

■ハリウッド情報(松倉郁夫)

■ビデオグラム情報(日野康一)

■アルバムは語る/“角川文庫洋上セミナー”と森田芳光監督
日本映画衛星放送㈱編成企画部 副部長 宮川朋之

■文化ライターズ 購読申込はこちら

バックナンバー

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年