芸能エンタメニュース

インタビュー

写真

 映画を中心としたデジタルマーケティング大手の株式会社フラッグが、ユニバーサル・ピクチャーズが世界配給するフランス映画『シャイニー・シュリンプス! 世界に羽ばたけ』(10月28日公開)の製作に参画した。同社は現在エストニアで製作(ポスプロ段階)されている映画にも出資しており、海外の映画に企画・製作段階から加わる姿勢を示している。 今年も興収40億円を超える作品のWEB宣伝を担当するなど、映画業界で

エンタメ・トピックス

写真

 倉庫業の「寺田倉庫株式会社」が、IPやアート、エンタテインメントとの連携を深めている。拠点である天王洲地区に大小さまざまな施設を持つ同社は、従来の倉庫業の枠組みに捉われない、芸術文化発信事業を展開。6月からは、アニメ化もされた人気漫画「ブルーピリオド」の大型展覧会(9月27日まで)、7月からは「鈴木敏夫とジブリ展」(9月7日まで)が開催中だ。コロナ禍直前の2019年に行われた『スター・ウォーズ』

文化通信コラム

写真

 大ヒットスタートだったが、トーンダウンした。「劇場版 Fate/stay night[Heaven's Feel] Ⅰ.presage flower」(長い)のことである。同作品は、先々週の10月14日から公開され、14、15日の2日間で全国動員24万7507人・興収4億1303万0620円を記録した。上映館数は、何と128館に過ぎない。すごい数字である。 ただ、2週目の10月21、22日は、1