閲覧中のページ:トップ >

月刊文化通信ジャーナル 2012年8月号

月刊文化通信ジャーナル

2012年8月号

文化通信ジャーナル audio & visual Journal
2012 VOL.52 NO.8(通巻616号)

●トップインタビュー
井上伸一郎 角川書店代表取締役社長
新体制で利益を出す組織を100%構築し

●東映(株)新取締役登場
椎名康夫 取締役不動産開発部長兼不動産営業部長
 固定的収支を上げ映像部門を下支え

堀田耕二 取締役事業推進部門担当兼事業推進部長、事業戦略室長 
 事業戦略室で海外ファッションショー制作も着手

村松秀信 取締役映画営業部門担当兼映画営業部長
 年間興行収入150億円は常に確保

與田尚志 取締役映像版権営業部門担当兼映像版権営業部長、映画興行部長 
 映像版権をさらに付加価値の高いビジネスに

手塚治 取締役テレビ企画制作部長兼テレビ第一営業部長 
 東映ブランドの魅力を提示し新たなセールスに

白倉伸一郎 取締役映画企画部門担当兼企画製作部長、東京撮影所担当
 プロデューサー育成し層の厚い映画企画部門に

●話題の焦点
上半期は東宝配給作品が興収上位10本中7本
今夏のスタートは「~海猿」が突出の大ヒット

●業界最前線
・アミューズソフト、台湾作品の日本市場開拓に注力
 /『スキップ・ビート!』等で新たなブームを起こす
・TBS、アジア展開へメディアコープ提携強化
 /番組連動Eコマースの共同調査・研究で合意!
・フジテレビのキーマン!大多・亀山両常務
 /編成制作と放送外事業の2大事業分野担う
・第1弾はアイドルゲームを入口にマルチ展開
 /フジ、グリーと業務提携し新コンテンツ創出
・GyaO宮本社長、旦取締役 インタビュー
 /目標売上200億円へ急成長のスマホに注力
・由紀さおり「1969」に続くヒット作品を
 /レコード15社「大人の音楽」キャンペ第8弾
・日本が誇るパッケージ文化継承!店舗と連動も
 /ミュージック・ジャケット大賞、注目の2年目

●NEWS FLASH
《映 画》《放 送》ビデオ》《音 楽》

●有楽町スクランブル

●資料の頁
・映連/過去配給収入上位(1986年・1987年)
・2012年度邦画3社番組/興収
・2012年度邦洋月別興収
・日本映画製作状況一覧
・オリコン作品別ベストセラー(月間売上枚数)順位表
・民放キー局「長時間ドラマ」視聴率
・2012年5月度ビデオソフト売上速報
・在京TV各局「劇映画」視聴率一覧
・2012年6月レコード生産実績

●ずいひつ
北岡敏男/小林幸恵/根占克治

●ハリウッド情報(岡田光由)

●ビデオグラム情報(関根忠郎)

●テレビ最新情報(室井実)

●アルバムは語る/「ターミネーター2」の頃
ダブルフィールド代表取締役社長 平田樹彦

●文化ライタース

◎バックナンバー  一覧は  コチラ 

※クレジットカードまたはコンビニ決済でのご購入をご希望の方は、
富士山マガジンサービスからもお申込み頂けます。
 
コチラ
購読申込はこちら

バックナンバー

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年