閲覧中のページ:トップ >

月刊文化通信ジャーナル 2012年7月号

月刊文化通信ジャーナル

2012年7月号

文化通信ジャーナル audio&visual Journal
2012 VOL.52 NO.7(通巻615号)

●トップインタビュー
 「臨場 劇場版」佐藤凉一 テレビ朝日プロデューサー
 続編を希望するファンの声に応え劇場版製作

●松竹(株)新役員登場
岡崎哲也 取締役演劇本部演劇製作部門並びに演劇開発企画部門担当
  古典の継承と新作の創造の両輪をきちっとした形で
秋元一孝 取締役映像本部映像調整部門並びに映像企画部門担当
  いままでの経験を生かし調整と企画を担当
高橋敏弘 執行役員映像統括部担当兼映像調整部担当
  映像調整部は、調達力と交渉力の強化が重要な課題

●話題の焦点
 トップは「テルマエ」、東宝が圧倒的な強さを発揮
 2012年上半期作品別興収上位が固まる

●ひ と/映画ライター 岡田光由
 カンヌに魅せられ94年から継続して

●業界最前線
・映画館での鑑賞人口増加へ起爆剤となるか!?
 /ムビチケ、「カード」宣伝ツールに認知向上
・新音響システムなど「体験型」重視
 /佐々木興業、佐々木伸一社長に聞く
・「ロンドン五輪」初の試み、BS3D映像
 /地上波で生中継しない競技Iネット生中継
・フジ亀山氏が「ジャパンインアデイ」を語る
 /これはテレビ局の映画部門だからこその企画
・個人ビデオをプロが制作、社長土屋敏男氏
 /日テレ新グループ会社「ライフビデオ(株)」
・CDCが違法音楽ファイル特定モジュール開発
 /音楽権利者団体ら、ISPへの導入を共同推進
・大型新人!音楽塾ヴォイス出身“rieco”デビュー
 /フューチャーレコーズ、田附新社長「必ず成功させる」

●NEWS FLASH
《映 画》《放 送》《ビデオ》《音 楽》

●レコード協会調べ  有料音楽配信チャート
●有楽町スクランブル

資料の頁
●映連/過去配給収入上位(1984年・1985年)
●2012年度邦画3社番組/興収
●2012年度邦洋月別興収
●2012年度洋画系東京RS成績
●在京TV各局「劇映画」視聴率一覧
●オリコン作品別ベストセラー(月間売上枚数)順位表
●民放キー局「長時間ドラマ」視聴率
●2012年4月度ビデオソフト売上速報

●ずいひつ
上田直子/山名一豊/山下幸洋

●ハリウッド情報(岡田光由)

●ビデオグラム情報(関根忠郎)

●テレビ最新情報(室井実)

●アルバムは語る/渋谷東急文化会館閉館の瞬間
(株)東急レクリエーション 執行役員 映像事業部副事業部長 編成部長
山下喜光

●文化ライタース

◎バックナンバー 一覧は コチラ

※クレジットカードまたはコンビニ決済でのご購入をご希望の方は、
富士山マガジンサービスからもお申込み頂けます。
コチラ
購読申込はこちら

バックナンバー

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年