閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

ジュニア佐藤健、小学時代は女子に“サル”と呼ばれ…

芸能エンタメニュース

最新記事

ジュニア佐藤健、小学時代は女子に“サル”と呼ばれ…

2014年05月27日

 俳優の佐藤健が27日、都内で行われたフジテレビ系主演ドラマ「ビター・ブラッド~最悪で最強の親子刑事~」(火曜午後9時)のファン感謝イベントに出席し、ニックネームにまつわる思い出を明かした。劇中では渡部篤郎と親子刑事役で“ジュニア”と呼ばれているが、「小学生のときは、女子に“サル”と呼ばれていた。自分はなんとも思わなかったけれど、先生が気にしてクラス会議になった……」と振り返った。

 “ジェントル”渡部とともに、ニックネームでファンの黄色い歓声を浴びた佐藤。小学時代は女子から“サル”で虜にしたよう。「うんていとか得意だったし、あと顔(がサルに似ていたから)じゃないかな」と自身も歓迎したと言うが、先生が気に留めクラス会議に至り「大ごとになった。それから女子が佐藤くんと呼びはじめて、さびしかった」と笑わせた。

 ファンからの質問コーナーで「小さいころのあだ名は?」と聞かれ、一方の渡部は「特にないね。“あっちゃん”とかかな」と答えた。「名前と関係のないあだ名がほしいよね」とにこやかに。また、役柄同様にユーモラスな素顔を垣間見せ、佐藤が“たけるんるんるん”と呼ばれていると明かした。
 
 二枚目でチャーミングなジェントル・ジュニア親子の奮闘が、女子を胸キュンさせる“ビタブラ現象”を生んでいるという。イベントでは、キュート、クール、親子をテーマに、これまでの胸キュンシーンが紹介され沸いたが、佐藤は、5月27日放送の第7話以降「もっと面白くなります」と自信の笑みを浮かべた。
 
 佐藤、渡部のほか、忽那汐里、吹越満、田中哲司、皆川猿時、KEIJI(EXILE)、高橋克実らが共演。事件解決の緊迫感、親子の絆とともに、アドリブ連発でふんだんに笑いを誘い、すでにクランクアップ。ささやかな恋愛など「踊る大捜査線」をほうふつさせシリーズ化も期待。佐藤は「可能性無限大の作品」と再集結を待ち望んでいた。

※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月