閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

BS12 トゥエルビ10月新番組「鶴瓶ちゃんとサワコちゃん」 笑福亭鶴瓶と阿川佐和子MC‐昭和の大先

芸能エンタメニュース

最新記事

BS12 トゥエルビ10月新番組「鶴瓶ちゃんとサワコちゃん」 笑福亭鶴瓶と阿川佐和子MC‐昭和の大先輩とトーク

2023年09月07日

 BS12 トゥエルビは、新番組「鶴瓶ちゃんとサワコちゃん~昭和の大先輩とおかしな2人~」を10月9日(月)スタートする。
 笑福亭鶴瓶と阿川佐和子の2人がMCとなって、昭和の大先輩をゲストに迎えて送るトークバラエティ。毎週月曜夜9時放送(※初回は70分拡大版スペシャルとして夜8時45分~放送)。毎月2本新作放送。新作放送時以外は再放送。
 初回ゲストは、俳優の由美かおる(10月9日(月)放送)、第2回目ゲストはダンサー・俳優の田中泯(10月16日(月)放送)。  
 9月5日、収録後に番組制作発表会を本社内で行い、笑福亭鶴瓶と阿川佐和子の2人が登場した。  
 芸能界屈指のベテランMCの2人だが、MCとしてタッグを組むのは意外にも本番組が初めて。鶴瓶は「阿川さんが古希を迎える前に合体できるのが良かった。でも前からずっと一緒にやっているような感じで、BS12はよう選んでくれたなあと思う」と息もピッタリ。阿川も「鶴瓶さんとはNHK『鶴瓶の家族に乾杯』でお会いして、どうでもいいお喋りで会話が広がっていく楽しさがあった。鶴瓶さんと2人でゲストを迎えるのは初めてだけれど、これはやらねばいかんだろうと思った」と念願のタッグに満面の笑みを浮かべていた。  
 そんな阿川について鶴瓶は「何かを言うとすぐに踊る。もう少し落ち着いてもらいたい!」とまさかのダメ出しが!? すると阿川は「そうです、"阿川泯"と呼んでください」とキュートにおどけながら「テレビ番組は大まかな構成が決まっているけれど、今回は初回収録からほとんど無視状態。でもそれによって自然に会話が流れて、脱線したことで大事な話に繋がったりして。鶴瓶さんとは事前の打ち合わせなしでも阿吽の呼吸がある。予定調和がなく、鶴瓶さんに叱られるほど自由になる楽しさ。これは一人ではできないもの」と年上の鶴瓶に全幅の信頼を寄せていた。  
 また鶴瓶は、大先輩をゲストに呼ぶというコンセプトにも手応えを得ており「それが面白い。今は年齢が自分よりも下の方をゲストに招くのが主流になっているけれど、年上の方ならではの昭和の話やその人自身の話になっても面白い。昭和という共通項があるのがいい」と理由を解説。阿川も「鶴瓶さんは末っ子だし、私も末っ子気質がある。年上の方に話を聞きたいし、もっと知りたいという好奇心が広がっていく」と番組コンセプトに大賛成だった。  
 ゲスト希望の大先輩について鶴瓶は桂米丸(98歳)や桂文珍(74歳)と落語界の先輩の名前を挙げるも「有名無名関わらず、お話を聞いたことのないような人がいい。自分よりも年齢が上だと思っていても、話を聞くうちに実際は年下だったという様な“なんちゃって上”でもいいかも」とまさかのアイデアを出して笑いを誘っていた。  
 さらにゲストに対するトークの事前準備について聞かれると、鶴瓶は「今回は準備しません!」とぶっつけ本番精神で挑むと断言。阿川も「完璧に準備して相手の情報を知り過ぎると会話を交わした時の驚きがなくなる。礼儀として最低限の情報は把握するけれど、ほどほどに」とその場で生まれるリアルなトークを意識すると予告していた。

※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

過去のタイトル一覧

2024年

2月

2023年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月

2022年

2月│ 3月│ 4月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2021年

2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 7月│ 9月│ 11月│ 12月

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月