閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

フジ伝説の深夜番組復活!金曜深夜『オールナイトフジコ』2時間生放送4月スタート/MC佐久間宣行、伊藤

芸能エンタメニュース

最新記事

フジ伝説の深夜番組復活!金曜深夜『オールナイトフジコ』2時間生放送4月スタート/MC佐久間宣行、伊藤俊介、森田哲矢

2023年03月03日

 フジテレビは、伝説の番組「オールナイトフジ」を復活、4月から新たに『オールナイトフジコ』として、金曜の深夜、2時間生放送でスタートする。4月14日(金)スタート。毎週金曜24時55分~26時55分放送。
 MCは、元テレビ東京の社員で、現在演出家・プロデューサーなど多方面で活躍している佐久間宣行、オズワルドの伊藤俊介、さらば青春の光の森田哲矢の3名。
 本番組の総合プロデューサーは秋元康。秋元は、「あの頃の『オールナイトフジ』は〝放送終了時間未定〟でした。今のテレビは、制約が多すぎて、フォーマットが決まってしまうのですが、若手のクリエイターたちが、自由に発想できる場を作りました。どうなるかわかりませんが、今から、ワクワクしています。この〝ワクワク〟こそ、視聴者や出演者やクリエイターたちの熱の源のような気がします」とコメント。
 さらに、秋元総合プロデューサーとフジテレビの仲間たちは、放送1カ月前に、異例の制作宣言!?
 「おニャン子クラブの原点、オールナイターズ、とんねるず、港浩一社長を輩出したあの伝説の番組『オールナイトフジ』が帰って来る。と言っても、本当に、『オールナイトフジ』の復活は待ち望まれていたのだろうか?今さら、『オールナイトフジ』と言っても、そんな40年前の番組、知らねえよと言う 視聴者も多いだろう。それでも、なぜ、『オールナイトフジ』なのか?今の地上波に必要なものは、あの番組が持っていた熱量だと思うからだ。港浩一社長と盟友秋元康は、とにかく、金曜日の深夜に2時間の生放送をやってみようと考えた」。
 「広報資料として発表できるような企画は、まだ、何もない。あるのは、金曜深夜に2時間の生放送の枠を作ったということと、地上波の可能性と、出演者や若手クリエイターたちの熱量だけである。要するに、全てが見切り発車。それこそがテレビの真骨頂だ。やってみなければわからない。大コケしたら、全ては、大多亮専務のせいにして逃げ切ろうと、立松嗣章編成局長は語る。タイトルだけでも少しは変えようと言うことで、『オールナイトフジコ』にしようと、飲み会で決まった。『コ』をつけただけだが、〝フジコ〟というキャラクターは面白そうだ」

中嶋優一(フジテレビ バラエティ制作センター部長)「世の中やメディアの常識に一切とらわれず、〝やっぱり地上波テレビが一番面白い!〟と思っていただけるよう、秋元さんや佐久間君たちと〝遊び心〟最優先で作って参りますので、皆さまの応援よろしくお願い致します。テレビの逆襲を始めます」
▼チーフプロデューサー・松本祐紀(フジテレビ バラエティ制作センター)「決まっていない事が多すぎて毎日緊張しています…。とにかく金曜深夜に熱のこもった番組をお届けできるようフルスイングで挑みます。大コケしたら専務のせいということで…」

▽演出=島田和正、筧大輝、玉野鼓太郎(いずれもフジテレビ)




※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

過去のタイトル一覧

2024年

2月

2023年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月

2022年

2月│ 3月│ 4月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2021年

2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 7月│ 9月│ 11月│ 12月

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月