閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

テレ朝 岡田将生×中井貴一〝看護の世界〟痛快医療ドラマ「ザ・トラベルナース」10月スタート

芸能エンタメニュース

最新記事

テレ朝 岡田将生×中井貴一〝看護の世界〟痛快医療ドラマ「ザ・トラベルナース」10月スタート

2022年06月29日

 テレビ朝日の10月期木曜ドラマは、岡田将生×中井貴一出演の新・痛快医療ドラマ「ザ・トラベルナース」(木21時)を放送する。「ドクターX」の中園ミホが脚本を手掛ける。制作協力はザ・ワークス。
 パンデミック後の超高齢化社会でもっとも混沌としている〝看護の世界〟に焦点を当てた痛快医療ドラマ。
 トラベルナースとは…スーツケースひとつを手にいろんな街を渡り歩き看護に従事する、優れた資格を持ったフリーランス看護師のこと。日本ではまだその存在はあまり知られていないが、アメリカでは全看護師の10%を占める40万人ものトラベルナースが存在し、コロナ禍のNYでも活躍した。
 そんなトラベルナースが令和の日本に舞い降り、医療現場を改革。主演・岡田将生が名優・中井貴一と映画『プリンセス トヨトミ』(2011年)以来、10年ぶりに共演し、〝新時代のナイチンゲール・コンビ〟として、木曜ドラマ枠に降臨する。
  岡田が演じるのは…意識もプライドも高く、言動もドストレート、一見感じの悪い若きトラベルナース・那須田歩。実は彼、アメリカで「NP(=ナース・プラクティショナー)」(手術場で医師を補助し、一定の医療行為を実施できる看護資格)として働いていた優秀な看護師。しかし、ある事情で、いまだ〝ナースは医師の仰せのままに…〟が当たり前とされる日本へ帰国。「天乃総合メディカルセンター」で働くことになった歩は、ミステリアスな伝説の看護師と出会い、共にさまざまな事情を抱えた医師や病院長、患者、そして周りの看護師を少しずつ変えていく。
 そんな歩の相棒となる伝説の看護師が、中井演じる九鬼静。歩と同時期に「天乃総合メディカルセンター」で働きだした静は、まさに名前の通り“静かに”掃除ばかりし、歩を含め病院関係者から清掃員と間違えられるほど…。しかし、その実態は圧倒的スキルを持つスーパーナース! 医師に一切楯突かず、柔らかすぎるほどの物腰なのに、ここぞという場面では臆することなく、痛烈な一言で一刀両断。そして相当な“嘘つき”!? その素性は謎に包まれ、実は《大きな秘密》を抱えており…!?
 直球型の歩と、変化球型の静――それぞれに卓越したスキル&熱き哲学を持ちながらも、まるでタイプの違う《名もなき白衣の天使(≒戦士)たち》が反発しつつ手を取り合い、患者のみならず医療従事者や自分自身をも救っていく『ザ・トラベルナース』。医療現場に颯爽と現れた《新時代のナイチンゲール・コンビ》の活躍が注目。

 ▼脚本=中園ミホ。音楽=沢田完。エグゼクティブプロデューサー=内山聖子(テレ朝)。プロデューサー=峰島あゆみ(テレ朝)、大垣一穂(ザ・ワークス)、山田勇人(ザ・ワークス)、多湖亮太(ザ・ワークス)。演出=金井紘、片山修、山田勇人。制作協力=ザ・ワークス。制作著作=テレビ朝日。

※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

過去のタイトル一覧

2022年

2月│ 3月│ 4月│ 6月│ 7月

2021年

2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 7月│ 9月│ 11月│ 12月

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月