閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

フジ4月「水10」ドラマ新設/間宮祥太朗主演「ナンバMG5」

芸能エンタメニュース

最新記事

フジ4月「水10」ドラマ新設/間宮祥太朗主演「ナンバMG5」

2022年02月08日

 フジテレビは、4月より「水曜夜10時」にドラマ枠を新設する。ユニークなヒーロー像が次々と誕生し、視聴者の期待や想像をいい意味で裏切っていくエキサイティングな“新・水10ドラマ”が誕生する。  
 4月スタートする「水10」最初の作品は、間宮祥太朗主演「ナンバMG5」。同名人気漫画の初の実写化。フジ系ドラマ初主演の間宮は、“脱ヤンキー”を決意するものの、次々と事件に巻き込まれてしまう生粋のヤンキーを熱演する。
 共演は神尾楓珠。神尾は、間宮祥太朗扮する主人公・剛の“相棒”的存在でクールなイケメンヤンキーを演じる。
 メガホンをとるのは、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督。間宮祥太朗と本広克行監督の初タッグで、全く新しいヤンキーコメディードラマが誕生する。  
 物語は、筋金入りのヤンキー一家「難破家」の次男・剛(間宮祥太朗)が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという高校“逆”デビュー物語。家族の前では特攻服を着たバリバリのヤンキー、学校では制服を着た真面目な高校生、という二重生活がスタートし、学校では優等生として美術部に入部するものの…いじめられている友人を放っておけず、つい特攻服に着替えて助けたことをきっかけに、正体不明の最強ヤンキーとしてどんどんのし上がってしまうという、「制服←→特攻服」という変身ヒーローもののような痛快!青春ヤンキードラマ。
 原作は『ナンバMG5』『ナンバデッドエンド』小沢としお(秋田書店「少年チャンピオン・コミックス」刊)。
 脚本:金沢達也(「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」他)。演出:本広克行。編成企画:上原寿一。プロデュース:栗原彩乃(「SUPER RICH」他)。制作・著作:フジテレビ第一制作部。

間宮祥太朗コメント
今作の主演のオファーを受けて 「新しくできる枠の主演というオファーなので、相応の重圧は感じつつ、声をかけて頂けた事をありがたく思っています」
剛をどのように演じたいか 「とにかく、純粋で直情的な剛を楽しみたいと思います。周囲を巻き込んでいく面と、巻き込まれていく面、どちらも根の部分での天真爛漫さや純朴さが表れていると思うので、気持ちよく演じたいです」
視聴者の皆さんにメッセージを 「家族からの期待や周囲からの決めつけ、現状の自分と理想の自分、向き不向きやアイデンティティー。剛だけではなく、自分が自分をどう生きるのかという普遍的なテーマが“ナンバMG5”という作品には包まれていると思います。お楽しみに!」




※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

過去のタイトル一覧

2022年

2月│ 3月│ 4月

2021年

2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 7月│ 9月│ 11月│ 12月

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月