閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

初のBS5局横断〝8時間生放送〟「鶴瓶&安住の放送局漫遊記」12月1日放送

芸能エンタメニュース

最新記事

初のBS5局横断〝8時間生放送〟「鶴瓶&安住の放送局漫遊記」12月1日放送

2019年11月18日

(左から)笑福亭鶴瓶、安住紳一郎

小松純也プロデューサー

 BS日テレ、BS朝日、BS‐TBS、BSテレ東、BSフジの5社は、12月1日(日)、BSデジタル20周年イヤー突入とBS4K放送開始1周年を記念し、前代未聞!初のBS民放5局横断〝8時間生放送〟特別番組「鶴瓶&安住の放送局漫遊記」を13時~21時放送する。
 16日(土)、笑福亭鶴瓶安住紳一郎(TBSアナウンサー)、小松純也プロデューサーが登壇し、角谷曉子(テレビ東京アナウンサー)の司会で制作発表会見が行われた。
 番組は、MCの鶴瓶と安住の2人が、BS5局をバスで渡り歩き、各局の代表的な番組の出演者やゲストとトークを繰り広げ、番組のマル秘エピソードを引き出していく。各局1時間半の生放送に加え、30分のフィナーレを4局同時生放送する。加えて、22時30分からBSテレ東でフィナーレ第2部を放送する、という異例づくしの内容で届ける。
 局から局への移動中も完全生中継で、鶴瓶・安住アナの音声をバックに各局自慢の4K映像も蔵出しして届ける。生放送ならではの展開やハプニングも見どころだ。

 番組をプロデュースするのは、今年3月末にフジテレビを退社し、現在㈱スチールヘッド代表取締役の小松純也氏。これまで「笑う犬の生活」や「笑っていいとも!」など数々の人気バラエティ番組を手掛け、共同テレビ(出向)ではNHK「チコちゃんに叱られる」のヒット番組を生み出した。
 小松Pは「前代未聞のBS5局を股にかけた4Kの8時間にわたる生放送という非常に技術的にも大きなトライの番組。予定通り進行しようと思うが、如何せん、メインの笑福亭鶴瓶さんは、私と長年やっているけれども予定通り進んだ例がないので非常に心配(笑)」とか。

 フジ「27時間テレビ」に出演経験のある鶴瓶は「8時間なんか小さいもんですよ(笑)」と言えば、アノ〝ポロリ事件〟の話題に。安住は「鶴瓶師匠と生放送っていうのは危険でしかない!今回はその様子を4Kで」と言うと、鶴瓶は「キレイに映るで~」と笑わせるなど、2人のトークで会見は終始爆笑に包まれた。アノ時の27時間テレビ・ディレクターは小松Pで、今回、鶴瓶と再タッグを組む。

 各放送局のコラボ番組と放送時間
▼BSフジ「プライムニュース」13時~14時30分
▼BSテレ東「徳光和夫の名曲にっぽん」14時30分~16時
▼BS朝日「お笑い演芸館」16時~17時30分
▼BS日テレ「のとく番」17時30分~19時
▼BS‐TBS「吉田類の酒場放浪記」19時~20時30分
▼BSフジ・BS朝日・BS日テレ・BS‐TBS「フィナーレ 4局同時サイマル放送」20時30分~21時
▼BSテレ東「フィナーレ第2部」22時30分~23時

※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

過去のタイトル一覧

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月