閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

「レコ大」へ安住&仲間2ショット会見「気持ちは田中哲司さん…」

芸能エンタメニュース

最新記事

「レコ大」へ安住&仲間2ショット会見「気持ちは田中哲司さん…」

2014年12月18日

 TBS系で12月30日夜放送「第56回輝く!日本レコード大賞」に向け、総合司会を務める安住紳一郎アナウンサーと女優・仲間由紀恵が18日、都内の同局で“2ショット”会見を行った。安住アナはいきなり「気持ちは(仲間の夫)田中哲司さん……」と新婚の仲間をいじりサービス精神を発揮。仲間は「気をつけてください!」と言いながら、楽しそうに応対。「緊張感を持って重みある番組を最後まできっちり務め上げたい」と意気込んだ。

 安住&仲間コンビで年末恒例の一大ステージを盛り上げる。3年連続3度目の大役を担う安住アナは「今年も良いステージができるよう最後の一歩まで頑張る」と使命感をにじませつつ、朝ドラ「花子とアン」で好演した仲間に対し「向こう(NHK紅白歌合戦)の道も当然あったはず」とユーモアを交え歓迎した。初の総合司会を務める仲間は「呼んでいただいて光栄」とニッコリ。安住アナの印象を「壁がなくてすべてを受けとめてくれる」と語る一方、「白か黒かと言えばグレーのイメージ」といじり返した。

 笑いもふんだんに、一方で仲間は「(受賞者)お一人お一人の曲を聴き、プロフィールを確認し、皆さんの情報をきっちり持って、噛んだりしないよう台本を読み込んで、番組を作っていきたい」と気持ちを高めた。優秀作品賞10作品から「どなたが大賞をとってもおかしくない」と言う混戦模様。「妖怪ウォッチ」や「アナと雪の女王」の楽曲にも期待を寄せた。安住アナは「竹内まりやさんがどう出てくるか?」とアピール。

 仲間は紅白で過去4度司会を務め、女性では黒柳徹子に並ぶ。安住アナは、その人柄を「やんちゃなところがあっておしゃべり」と明かし、「人懐こい感じが向こう(紅白)では見られれなかった。面白いところ、懐が広いところを(レコ大では)見せてくれたら」と要望。仲間は「安住さんと一緒に新しい面を見せていけたら」と笑顔で応じていた。

 「第56回輝く!日本レコード大賞」は、TBS系で12月30日午後5時30分~10時生放送。優秀作品賞には、ゆず「雨のち晴レルヤ」、AAA「さよならの前に」、西野カナ「Darling」、氷川きよし「ちょいときまぐれ渡り鳥」、サザンオールスターズ「東京VICTORY」、いきものがかり「熱情のスペクトラム」、きゃりーぱみゅぱみゅ「ファミリーパーティー」、SEKAI NO OWARI「炎と森のカーニバル」、AKB48「ラブラドール・レトリバー」、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」が選ばれている。進行アナウンサーは枡田絵理奈アナと吉田明世アナ、ナレーションはジョン・カビラが務める。
※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2020年

1月│ 2月│ 3月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月