閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

きゃりー&Fukase喜び共有! 三代目JSB、AKBらレコ大へ気合い

芸能エンタメニュース

最新記事

きゃりー&Fukase喜び共有! 三代目JSB、AKBらレコ大へ気合い

2014年12月12日

 TBS系で12月30日夜放送「第56回 輝く!日本レコード大賞」の発表会見が12日、都内の同局で行われた。優秀作品賞受賞アーティストから、AAA、きゃりーぱみゅぱみゅ、SEKAI NO OWARI、AKB48、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが出席。SEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseは「受賞曲は彼女を題材にした曲。不思議な気持ち」と明かし、交際中のきゃりーと喜びをわかちあった。

 きゃりーは『ファミリーパーティー』、SEKAI NO OWARIは『炎と森のカーニバル』で受賞。互いに触れ、きゃりーは「私自身、すごく嬉しいなと思う。SEKAI NO OWARIさんの音楽も素晴らしく大好き」と控えめ。対してFukaseは堂々男らしく“カーニバル”のお相手がきゃりーと明言。報道陣に「2人でなにか話をした?」と聞かれると「なにかしたっけ?」とこそこそ。Fukaseは「特にないです」とはにかんだ。
 
 きゃりーは海外ツアー、SEKAI NO OWARIは映画公開など、公私とも充実の1年に。年末風物詩として56回目を迎える伝統の「レコ大」へ、きゃりーは「衣装、パフォーマンスを考え中。特別な場なのでゴージャスにしたい」と張り切り、SEKAI NO OWARIはリーダーNakajinが「明るく僕ららしく自然体でパフォーマンスできたら」と意気込んだ。

 豪華アーティストがずらり。『さよならの前に』で受賞のAAAは「来年の10周年に向け、最高の締めくくりができる」(浦田直也)と笑顔でそろい、受賞曲『ラブラドール・レトリバー』など今年も大人気だったAKB48は「感謝の気持ちを込めてメンバーみんなの力をあわせパフォーマンスしたい」(渡辺麻友)と気合い充分。また、高橋みなみの卒業発表を受け「残されたメンバーが大切なものを受け継いでいかなければ」と決意をにじませた。

 優秀作品賞10作品からレコード大賞が選ばれる。昨年など過去4回受賞のEXILEに続きたい三代目 J Soul Brothersは「振り返ってターニングポイントとなる素晴らしい1年」(NAOTO)の最後に『R.Y.U.S.E.I.』で初の栄冠なるか。AKB48は2年ぶり奪還へ。他の優秀作品に、ゆず『雨のち晴レルヤ』、西野カナ『Darling』、氷川きよし『ちょいときまぐれ渡り鳥』、サザンオールスターズ『東京VICTORY』、いきものがかり『熱情のスペクトラム』。当日生放送で決着する。

 会見には他に、新人賞の大原櫻子、SOLIDEMO、徳永ゆうき、西内まりや、最優秀歌唱賞のEXILE ATSUSHI、作曲賞の鬼龍院翔、特別賞の「妖怪ウォッチ」からキング・クリームソーダとジバニャン、日本作曲家協会選奨の市川由紀乃がそろった。12月30日は、総合司会を安住紳一郎TBSアナウンサーと女優の仲間由紀恵が務め、東京・新国立劇場から午後5時30分~10時生中継(一部地域を除く)。

※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2020年

1月│ 2月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月