閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

山田太一ドラマの難しさひしひし… 中井貴一「大人になったかな」

芸能エンタメニュース

最新記事

山田太一ドラマの難しさひしひし… 中井貴一「大人になったかな」

2014年02月12日

 脚本家・山田太一氏が東日本大震災を描き、「ふぞろいの林檎たち」の中井貴一らが出演するテレビ朝日系ドラマスペシャル「時は立ちどまらない」(2月22日午後9時~11時6分)の発表会見が12日、都内で行われた。2005年「終りに見た街」以来の山田作品となる中井は「なるほど、こういう震災の捉え方もあるんだと痛感した」とあらためて感服。「31年くらいのおつきあいで、最初は必死なだけだったけれど、やるごとに難しさがわかってきた。大人になったかな」と語った。
 
 一方、山田氏は「俳優さんたちが素晴らしくて感動した」と難しい題材に演じきったキャストを称えた。特にクライマックス、中井と柳葉敏郎演じる2家族の父がビンタを張って通じ合うシーンは「台本とちょっと違うアクションを加えてくださった。短い間で2人が解け合うアイデアとして私が考えたよりずっと素敵だった」と感謝を示した。柳葉も、同じく9年ぶり山田作品出演。

 未曽有の大災害から3年。日本を代表する脚本家のひとり、山田氏が向き合った。フィクションとして「津波とは無関係にいろんな人生があったときちんと書いてみよう」と、2つの家族の崩壊と再生をつむいだ。「どんな残酷も幸福もそのままでいることはないと思っている。どんどん時は動いていく」とタイトルに込めた思いを語った。

 東北の海沿いの街に住む西郷家と浜口家が物語の舞台。ひとり娘と長男が結婚することになり顔合わせをした5日後に震災が発生、津波が襲うが、かたや家族も家も無事、かたや長男を含む3人が犠牲になり財産も家も失ってしまう。複雑な交流の果てに、励ますだけでなく希望の光を届ける。

 震災を題材にするのを避けるのではなく、西郷家の父を演じた中井は「一番大切なのは、忘れないようにすること。批判、非難を恐れず、伝えていかなければならない。その一端を担えれば」と力を込めた。浜口家の父を演じた柳葉は「軽く扱えるテーマではないけれど、撮影は和やかなムードで進んだ。それが伝われば」と、あうんの呼吸だったというビンタシーンなど明かした。

 ほか共演に樋口可南子、黒木メイサ、神木隆之介、吉行和子、橋爪功ら。珠玉のホームドラマは、両家顔合わせのシーンでの長回し撮影、山田氏が閉鎖的な日本に贈るハグシーンなど、繊細に、ときにユーモラスに。テレビ朝日開局55周年記念作品として放送される。
※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2020年

1月│ 2月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月