閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

アンジャッシュ児嶋、実写版ちびまる子父役に大抜てき!

芸能エンタメニュース

最新記事

アンジャッシュ児嶋、実写版ちびまる子父役に大抜てき!

2013年09月03日

 フジテレビ系スペシャルドラマ「ちびまる子ちゃん」(10月1日午後7時~8時54分)の発表会見が2日、都内スタジオで行われた。まる子のお父さん・ヒロシ役にお笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉が大抜てき。「嫁が原作の大ファンで喜んでくれた。家で(演技の)ダメ出しされています」とはしゃいだ。

 いじられキャラ児嶋。国民的アニメ5年半ぶり実写ドラマ化にあたり、一家の大黒柱を任された。「こんな大きなドラマに呼んでもらいありがとうございます」と緊張しきりで、逆にヒロシを彷彿。演技も上々、まる子のお姉ちゃん役を演じる小学5年生の蒔田彩珠に「(原作と)すごく似ている」と褒められ真っ赤になる姿もヒロシっぽかった。

 2006年のスペシャルドラマ、2007年の連続ドラマに続き、3代目となる実写版「ちびまる子ちゃん」。主人公・まる子役を演じるのは信太真妃。風貌はもちろん、小学3年生で納豆が苦手なのも原作そのまま。「頑張るので絶対に見てください!」と元気よくアピール。“家族”について聞かれると「全員やさしい」とまんまる笑顔が弾けた。

 お父さん・ヒロシを児嶋が熱演するのに加え、お母さん役には飯島直子が色気を封印し挑戦。「私でいいの? と思った」と笑いながら、似合っていると言われるのとニッコリ。「さらしを巻いて演じてる? 嘘ですよ」と笑わせた。

 おじいちゃん・友蔵役は3作連続でモト冬樹が任され、「あと3年待ってくれたら特殊メイクはいらなかったのに」と自虐ネタ。おばあちゃん役は鷲尾真知子。また、フジテレビ笠井信輔アナウンサーが先生役に扮する。「まる子、おじいちゃんを祝う」など全4話のオムニバス。

※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2020年

1月│ 2月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月