閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

マツコ&ミッツら狂気乱舞!「5時に夢中!」2000回で初の公開生放送

芸能エンタメニュース

最新記事

マツコ&ミッツら狂気乱舞!「5時に夢中!」2000回で初の公開生放送

2013年07月23日

 TOKYO MX夕方の情報番組「5時に夢中!」が22日、ついに2000回目を迎え、初の公開生放送が実現した。司会を任されたふかわりょうが「麻酔銃を片手に進行したい」と覚悟を込めたとおり、マツコ・デラックス、ミッツ・マングローブらレギュラー陣が暴れまわった。

 題して「5時に夢中!夏休み感謝祭~狂喜乱舞の公開生放送スペシャル~」。東京・九段下の科学技術館ホールに、応募7000通の中から当選した150組300名の“5時夢ファン”が駆けつけた。

 2005年4月のスタートからこれまでの名場面を回顧し、沸いたのは出演陣の初登場シーン。月曜レギュラーのマツコと若林史江も金髪ウィッグの初登場シーンを振り返り、出演のきっかけはピンチヒッターだったことを明かした。また、マツコのふりで大川貴史プロデューサーの初顔出しも叶った。

 グランドフィナーレでは“奇跡”の大集合。ミッツがユニット・星屑スキャットを率いて歌い踊れば、北斗昌、岡本夏生、岩井志麻子、中瀬ゆかり、中村うさぎ、美保純も狂気乱舞。中尾ミエもVTRでコメントを寄せ、大盛り上がりのうちに終演した。

 今や番組の人気は関西にまで広がる。「あなたの人生に『5時に夢中!』は必要?」という生投票の結果、“YES”は1万4239ポイントにのぼり、“NO”の1617ポイントを圧倒。東京ローカル発のお化け情報番組は、来春には放送10年目を迎える。
※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2021年

2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 7月│ 9月

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月