閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

佐藤浩市が会見「オヤジの死に顔、三國の威厳があった」

芸能エンタメニュース

最新記事

佐藤浩市が会見「オヤジの死に顔、三國の威厳があった」

2013年04月15日

 14日死去した名優・三國連太郎さんの息子で俳優・佐藤浩市が15日、都内で主演ドラマの制作発表後に会見した。「死に目には立ち会えなかった」とうつむき、「オヤジの死に顔を見て悲しいと思わなかった。この数年で一番凛と見えた。三國の威厳があった。不思議で感慨深く涙は出なかった」と話した。

 1年ほど入院していたという。「90歳だからいつ知らせがきてもいいと覚悟していた」。おとといの夜から容態が悪化し、きのう14日午前9時18分に急性心不全で死去したと報告した。「苦しむことなく他界したと聞いています」。
 
 「父が言っていた。死んでも誰にも知らせるな、密葬で、戒名もいらない、骨は散骨してくれ、三國のまま逝くんだと。あの人は役者・三國のままで生きたんだなと思います」。

 1996年公開の映画「美味しんぼ」の親子役や、近年ではおととしの映画「大鹿村騒動記」で共演、メディアの前で仲良い姿を見せることもあった。佐藤は「世間一般の父親ではなかった」と言いながらも、偉大な父の死を悼んだ。

 「今月の頭にニューヨークロケに行くので、病院の近くに寄ったんで見に行った。たわいもない会話をしました」。それが最後になったという。
 
※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

過去のタイトル一覧

2021年

2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 7月│ 9月

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月