閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

市村正親、4歳長男に役者の片鱗「子役はさせないけど…」

芸能エンタメニュース

最新記事

市村正親、4歳長男に役者の片鱗「子役はさせないけど…」

2012年11月15日

 俳優の市村正親が15日、都内で行われた主演舞台「家康と按針」の製作発表会見に出席し、妻の篠原涼子との間にもうけた2人の愛息についてデレた。4歳の長男が一人でミュージカルごっこをして遊んでいると言い「やっぱり血なんですかね」。将来は役者で決まり? と聞かれると「それはまだ。役者は遊びじゃないんで。子どもの頃はできるだけ色んなものを見てほしいから、子役はさせない。でも高校卒業後に本人がやりたいと言えばやらせたい」と目を細めた。

 63歳のパパ市村。長男は妻似だと言い「なぜあんなにも聡明なのか!」、今年2月に生まれた二男は自身に似ているそうで「まぁ~~かわいいこと!」と親バカ全開。「長男が次男に焼きもちを妬くかと心配もしていたけれど、長男も大事に育てたから、(立場を理解して)弟の面倒をしっかり見てくれるんです」と嬉しそうに話した。

 国民的女優・森光子さんが死去した件については一転、「今年は、実の母、芸の母(山田五十鈴さん)、そして日本のお母さん(森さん)を失った……」と悲痛。森さんとは舞台を観劇しあったり、食事に行く仲だったと言い「優しい口元、目が忘れられない。本当にかわいくて、品のある人でした」と追悼。「同じ舞台人として恥じないよう、森先生と同じくらいの年齢まで舞台に立ち続けたい」と天国に誓った。
 舞台「家康と按針」は、徳川家康と英国出身の青い目の侍・三浦按針の友情を描く日英合作の作品。市村は、2009年の初演に続き、家康役を演じる。この日は、按針役のスティーヴン・ボクサー、宣教師役の古川雄輝らと徳川家の菩提寺・増上寺で公演成功を祈願した。
 
 年内の神奈川公演(12月1、2日/KAAT神奈川芸術劇場)、東京公演(12月11~16日/青山劇場)に続き、来年1~2月にロンドン公演を予定。来年は市村にとっても俳優生活40周年の節目の年で「日本でやったものを、そのまま一生懸命やれば、ロンドンの皆さんにも思いが伝わるはず」と力を込めていた。
※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2020年

1月│ 2月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月