閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

常盤ビックリ! オノマチ、勝手にチュッチュしちゃった…

芸能エンタメニュース

最新記事

常盤ビックリ! オノマチ、勝手にチュッチュしちゃった…

2012年10月29日
フジ「疑惑」.jpg
 女優の常盤貴子と尾野真千子が29日、都内で行われたフジテレビ系スペシャルドラマ「疑惑」(11月9日午後9時)の発表会見に出席した。松本清張原作のミステリーで、尾野は亭主殺しの罪に問われる強欲な妻の役を演じたが、近藤公園演じる男性に迫るシーンでは「顔と顔のすごく距離が近かったので、(台本にないのに)そのまま4回くらいチューしちゃった」とあっけらかん。初共演となった常盤を仰天させた。

 尾野は、夜の海に車で沈むシーンについても「死ぬかと思いましたよ! 私、夜の海って大嫌いなんですよ!」と芸人並みのノリで振り返り、演じた役柄については「とーーっても性格悪い女の人。思いっきりやらせていただきました」とニヤリ。笑いをとる一方で、「台本には乱暴すぎる言葉がずらっと並んでいてさすがに出演を迷った。でも、新しい自分が見られるのではとオファーを受けました」とも話した。

 常盤は、尾野演じる被告の弁護人役。「自分が松本清張さんの作品に出させてもらえる日が来るなんて考えてもいなかった。企画書に自分の名前があって興奮した」とニッコリ。初めて共演した尾野とは「接見室で“はじめまして”」だったといい、「あのシーンは長かったのにカットを切ってくれなくて……」と苦笑い。酷暑の夏場の撮影を経て、同じ関西育ち同士、すっかり意気投合したようだった。

 ドラマは、清張没後20年にあわせたスペシャルドラマシリーズの第3弾。1982年に発表されるや、同年に岩下志麻と桃井かおりの共演で映画化されて以来、3度にわたってドラマ化された傑作小説を、舞台を裁判員制度スタート以降の現代に置き換え、常盤と尾野のW主演で再び映像化する。

 夫を保険金目的で車ごと海に沈め殺したとして逮捕された“鬼クマ”こと球磨子(くまこ)、自由奔放で家賃滞納は平気でも真実を明かすことに妥協を許さない千鶴。対象的な2人の女性が、ある保険金殺人事件の被告人と弁護人という立場で出会い、互いの感情をぶつけあうなか、ひとつの“疑惑”が浮かび上がる――。

※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。


過去のタイトル一覧

2020年

1月│ 2月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月