閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

仲里依紗、2度目妊婦役で母性開花?「子どもかわいいなと…」

芸能エンタメニュース

最新記事

仲里依紗、2度目妊婦役で母性開花?「子どもかわいいなと…」

2012年08月01日

 女優の仲里依紗、余貴美子らが1日、NHKの新連続ドラマ「つるかめ助産院 ~南の島から~」(総合・8月28日より火曜午後10時)を都内の同局でPRした。主演の仲は、昨年公開の映画「ハラがコレなんで」に続く妊婦役。「前とはかけ離れたタイプの妊婦だった」と言い、撮影を終え「子どもがかわいいなと思えるようになった。前までは、うるさいだけと思っていたけれど、お母さんの気持ちまで考えるようになった」と話した。

 「ハラがコレなんで」では明るい性格の妊婦を演じていた仲。「つるかめ助産院」では逃避的な性格で出産を拒む妊婦役に挑戦。「演じられるのか不安だったけれど、主人公と一緒に私も成長できればと思った」と振り返った。主人公は南の島の助産院を受診するにつれ、やがて前向きになっていく。「人間として成長していくのが嬉しくて、主人公の親になった気分で楽しく演じられた」とニッコリ。一方で「こんな大変な思いをして生むのかと怖くもなった」と苦笑い。

 ドラマは、出産を思い悩む主人公・まりあが、南の島の“つるかめ助産院”で、余演じる助産師の亀子らユニークな人々らと交流する中で、次第に命に向き合い、お産を成し遂げる様をハートウォーミングに描く。映画化もされた「食堂かたつむり」の作家・小川糸原作。

 南の島の撮影は昨夏に炎天下の石垣島で行われた。仲は「沖縄に行ったのは初めてだったけれど、最初に着いたときは脱衣所かと思うくらいに湿度があって……。とりあえず暑くて、目が日焼けで充血して大変だった」と言い、余も「心がささくれ立つほどの暑さだった」と話したが、助産院の長老役の伊東四朗は「今の東京の方がよっぽど暑いよ」と余裕の笑み。

 余が「沖縄の人は本当におかしな人ばかり。あの存在はファンタジーで癒された」と懐かしげに話すと、主人公の夫役を演じた溝端淳平が「タクシーに携帯電話を忘れたら、島の人が総出で探してくれてすぐに戻ってきた」と、ほのぼの裏話を明かしていた。


 
※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2020年

1月│ 2月│ 3月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月