閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

チュート徳井VSしゃくれの新星 「R‐1」決勝へ12名気勢

芸能エンタメニュース

最新記事

チュート徳井VSしゃくれの新星 「R‐1」決勝へ12名気勢

2012年03月05日

 今年のピン芸人日本一を決める「R‐1ぐらんぷり2012」の決勝に進む12名が5日、都内で発表された。徳井義実(チュートリアル)が5年ぶりに進出し、決勝トーナメント1回戦で若手・いなだなおき(アインシュタイン)の挑戦を受ける。お笑い界きってのイケメンと立派なアゴが特徴的なブサイクの新星が、20日の本番を前に火花を散らした。

 会見を沸かせたのは、いなだの方。司会を務めた雨上がり決死隊・宮迫博之に「芸能界で一番しゃくれてる!」と言わしめ、徳井の存在を霞ませた。「全国のブサイクキッズたちのために頑張る」とアゴに力を込め、ライバルは「徳井さん」とキッパリ。優勝して賞金500万円を獲得すれば「できるだけ顔をキレイにしたい」と笑わせた。

 ブサイクから果し状を突き付けられ、徳井は面食らうばかり。賞金の使い道を聞かれても、「FX(外国為替証拠金取引)をやりたい。まとまった金がないとできないし、賞金なら負けても自分のマイナスにはならないし」と普通な答え。本番では爆笑を呼び、2007年に惜しくも準優勝に終わった悔しさを晴らせるか。

 プロアマ、芸歴、ジャンルを問わず、一人話芸の腕を競う「R-1 ぐらんぷり」。2002年に始まり、今年は10回目の記念大会。史上最多3612名がエントリーした。

 勝ち残った12名は、友近、野性爆弾川島、AMEMIYA、COWCOW多田、サイクロンZ、いなだ、徳井、キャプテン渡辺、千鳥大悟、ヤナギブソン(ザ・プラン9)、ヒューマン中村、スギちゃん(決勝ネタ順)。決勝は、4名ずつA~Cの3ブロックにわかれトーナメント1回戦を行い、各ブロックの勝者3名による最終対決で優勝を決める。徳井といなだは、ともにBブロックに入った。

 昨年準優勝のAMEMIYAは「今回は優勝しかない」、過去2名の王者を輩出したユニットに所属するヤナギブソンは「僕も優勝して“ザ・プラン9”をもっと有名にしたい」と気勢。野性爆弾川島は一貫して理解不能な言動をとり続け、実力派の友近も「(トップバッターで)豆腐を持って踊りますんでよろしく」と不条理ネタを予告していた。関西テレビ・フジテレビ系で、3月20日午後7時より生中継される。

※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2021年

2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 7月│ 9月

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月