芸能エンタメニュース

インタビュー

写真

 株式会社フラッグが、映画配給宣伝事業に着手した。配給・提供作品第1弾の『100日間のシンプルライフ』(共同配給:トランスフォーマー)を12月4日(金)公開する。ディズニーの大作映画や現在メガヒット中の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』をはじめ、話題作のデジタル領域における宣伝を担ってきた同社が配給事業を始める意図について、久保浩章代表取締役に聞いた。フラッグ 久保代表 同社が作品の買い付けを決めた

エンタメ・トピックス

写真

 コンテンツ東京(主催:リード エグジビション ジャパン)のセミナー「コンテンツプロデュースの極意」が10月23日、東京ビッグサイトで行われ、PR・マーケティング会社「The Breakthrough Company Go」の三浦崇宏代表取締役、『るろうに剣心』の大友啓史監督、「全裸監督」のプロデュース会社「Nemeton」の橘康仁代表、作家のエージェント会社「コルク」の佐渡島庸平代表取締役が登壇

文化通信コラム

写真

 大ヒットスタートだったが、トーンダウンした。「劇場版 Fate/stay night[Heaven's Feel] Ⅰ.presage flower」(長い)のことである。同作品は、先々週の10月14日から公開され、14、15日の2日間で全国動員24万7507人・興収4億1303万0620円を記録した。上映館数は、何と128館に過ぎない。すごい数字である。 ただ、2週目の10月21、22日は、1