芸能エンタメニュース

インタビュー

写真

 東映配給のホラー映画『樹海村』が2月5日(金)から全国公開される。コロナ禍により映画の撮影が難しい期間を経ながら、『犬鳴村』の公開からわずか1年のスピード公開を実現。その製作経緯を紀伊宗之プロデューサー(東映 企画調整部 次長=写真)に聞いた。「やるんです。撮るんです」と言い切る――まず2020年2月に公開した前作『犬鳴村』を振り返ってもらえますか。興収14億円のサプライズヒットになりました。紀

エンタメ・トピックス

写真

 アニメーション制作スタジオの「ウィットスタジオ」、若手アニメーター育成の「ササユリ動画研修所」、動画配信サービスの「ネットフリックス」が共同で、次世代のアニメーター育成に着手した。4月に「WITアニメーター塾」を開講することを2月12日発表し、9月までの6ヶ月間にわたるカリキュラムを、10人前後の受講生に向けて提供する。卒業時点で、商業アニメーション制作の現場で活躍できる土台をつくることを目指す

文化通信コラム

写真

 大ヒットスタートだったが、トーンダウンした。「劇場版 Fate/stay night[Heaven's Feel] Ⅰ.presage flower」(長い)のことである。同作品は、先々週の10月14日から公開され、14、15日の2日間で全国動員24万7507人・興収4億1303万0620円を記録した。上映館数は、何と128館に過ぎない。すごい数字である。 ただ、2週目の10月21、22日は、1