インタビュー

写真

  アスミック・エースが、重要な転機を迎えている。 定評のある企画製作と配給宣伝を核とした映画事業と、J:COMグループ入りしてから主力となったオンデマンド事業。この両輪で映像コンテンツの川上から川下まで押さえる総合力が同社の成長エンジンだ。ただ昨今は、構造的にも市場的にも従前の手法では収益を稼ぎにくくなり、数年前からアニメや海外市場にも傾注するようになっている。 そうした流れの中で、佐野真之

エンタメ・トピックス

写真

 松竹のメディア事業部が、新しいコンセプトの映画サイト「PINTSCOPE(ピントスコープ)」を4月2日に開設した。 「ピントスコープ」は、俳優、映画関係者から、クリエーターなど様々な人が、人生の転機になった映画、影響を受けた映画などを語る“人と映画の物語”に焦点を当てた記事を掲載するWEBマガジン。 PINTSCOPE(スマートフォン版)  数多くの媒体から多種多様なエンターテイメント情報が

文化通信コラム

写真

 大ヒットスタートだったが、トーンダウンした。「劇場版 Fate/stay night[Heaven's Feel] Ⅰ.presage flower」(長い)のことである。同作品は、先々週の10月14日から公開され、14、15日の2日間で全国動員24万7507人・興収4億1303万0620円を記録した。上映館数は、何と128館に過ぎない。すごい数字である。 ただ、2週目の10月21、22日は、1