閲覧中のページ:トップ > 映画ニュース >

ネトフリ、アニメ強化で人気作家6人と協力

ネトフリ、アニメ強化で人気作家6人と協力

2020年02月27日
 ネットフリックスは25日、日本発のオリジナルアニメを強化するために、人気クリエイター6名とパートナーシップを結んだと発表した。

 発表されたのは、創作集団CLAMP(「カードキャプターさくら」)、小説家の樹林伸(「金田一少年の事件簿」漫画原作)、漫画家の太田垣康男(「機動戦士ガンダム サンダーボルト」)、小説家の乙一(「GOTH リストカット事件」)、作家の冲方丁(「マルドゥック・スクランブル」)、漫画家のヤマザキマリ(「テルマエ・ロマエ」)の6氏。同社はそれぞれのクリエイターと、主にアニメの原作開発を行っていく考えだという。
……

この記事の全文は「日刊文化通信速報(日刊紙+Web)」の定期購読者のみ閲覧できます。