閲覧中のページ:トップ > 映画ニュース >

(20時04分)映画★新着ニュース19年9月9日

(20時04分)映画★新着ニュース19年9月9日

2019年09月09日


★フィルムL=カラーB『ヒンディー~』新ピカ土日満席(20時04分更新)
 
 インド映画『ヒンディー・ミディアム』(配給:フィルムランド=カラーバード)が6日(金)公開され、好調なスタートを切った。
 新宿ピカデリーで1日1回、ヒューマントラストシネマ渋谷で2回、シネ・リーブル梅田で1回の限定的な公開ながら、金~日3日間の3館の累計成績は動員934人、興収106万4800円を計上。新宿ピカデリーでは土日とも満席となった。
 


★フィルムL=カラーB『シークレット~』、依然好調(20時04分更新)
 
 『ヒンディー・ミディアム』と同じくフィルムランド=カラーバードの配給により、8月9日(金)から公開されているインド映画『シークレット・スーパースター』は、全国11館、上映回数も限られている中、9日(日)までの31日間で動員1万0911人、興収1399万4800円を記録し、依然好調に推移している。
 


★ロングR『家族を想うとき』邦題決定、12月13日公開(20時04分更新)
 
 ロングライド配給のケン・ローチ監督最新作『Sorry We Missed You(原題)』は、邦題が『家族を想うとき』に決定した。12月13日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開される。
 


★『マトリックス』『ブレードランナー』好スタート(20時04分更新)
 
 WB配給の名作SF映画2作品が6日(金)に公開され、いずれも好調なスタートを切った。
 製作20周年を迎えた『マトリックス』が4Dで公開され、金~日3日間の成績は、全国80スクリーンで動員1万2675人、興収2589万9100円を記録した。土日2日間は動員8986人、興収1855万6100円。
 劇中の舞台となる2019年を迎えて上映が決まった『ブレードランナー ファイナル・カット』も6日(金)から公開された。こちらは日本初となるIMAXで上映。金~日3日間の成績は、全国32スクリーンで動員8885人、興収1869万2300円を記録した。土日2日間は、動員6313人、興収1282万0900円。
 


★SPE『ワンス・アポン・ア・タイム~』6億円突破(20時04分更新)
 
 SPE配給『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、2週目に入った週末(9月7、8日)に興収6億円を突破した。
 


★東宝配給『天気の子』、公開8週目で120億円突破(20時04分更新)
 
 東宝配給『天気の子』は、公開8週目に入った週末(9月7、8日)に興収120億円を突破した。
 


★東宝映像事業部『プロメア』、16週目で前週比181%(20時04分更新)
 
 東宝映像事業部配給『プロメア』(製作:XFLAG/アニメーション制作:TRIGGER)は、公開16週目に入った金~日3日間の興収が、前週比181%と大幅に伸長した。
 


★FOX、テレンス・マリック監督最新作を2月公開(20時04分更新)
 
 FOX配給『A Hidden Life(原題)』は、2020年2月に日本で公開されることが決まった。『天国の日々』、『シン・レッド・ライン』、『ツリー・オブ・ライフ』のテレンス・マリック監督最新作。



★クレストI『第三夫人と~』監督来日でトーク(19時11分更新)

 クレストインターナショナル配給のベトナム映画『第三夫人と髪飾り』のアッシュ・メイフェア監督が来日、5日・日……

この記事の全文は「日刊文化通信速報(日刊紙+Web)」の定期購読者のみ閲覧できます。