閲覧中のページ:トップ > 映画ニュース >

(20時23分)映画★新着ニュース19年7月16日

(20時23分)映画★新着ニュース19年7月16日

2019年07月16日


★『トイ・ストーリー4』4日間24億円のメガヒット(20時23分更新)
 
 ディズニー配給『トイ・ストーリー4』が12日(金)に公開され、メガヒットスタートとなった。
 14日(日)までの3日間の成績は、371館(556スクリーン)で動員127万人、興収17億0686万円を記録。これは、最終興収108億円を記録した前作『トイ・ストーリー3』(土日2日間で興収9億9700万円)を大きく上回る出足で、特に14日(日)は単日で動員62万0829人、興収8億0828万1200円を叩き出し、ディズニー史上歴代1位の単日成績となった。なお、15日(月・祝)までの4日間累計では、動員185万人、興収24億4073万円を記録した。
 


★ディズニー『アラジン』39日間で98億4千万円(20時23分更新)
 
 ディズニー配給『アラジン』は、6週目に入った週末も絶好調を維持し、15日(月・祝)を含めた3日間では興収7億5千万円を計上。累計興収は98億4千万円を超え、間もなく100億円に到達する見込みだ。
 


★『トイ4』、ムビチケオンライン券販売が6万5千枚(20時23分更新)
 
 ディズニー配給『トイ・ストーリー4』は、既報の通り(11日付)ムビチケ前売券(オンライン)で史上最高販売枚数を記録した。公開前日の11日に販売を終了し、これまでの1位だった『アベンジャーズ/エンドゲーム』の3万5989枚を2倍近く上回る6万5642枚を売り上げた。
 


★SPE『スパイダーマン~』、興収24億7千万円突破(20時23分更新)
 
 SPE配給『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は、興収25億円突破が目前になっている。
 3週目の週末(13、14日)は、全国778スクリーン(352館)で動員16万7867人、興収2億2910万1800円を計上。15日(月・祝)を含む3日間では、動員25万7217人、興収3億4308万5600円を記録した。15日までの18日間累計成績は、動員169万1914人、興収24億7064万5000円となり、間もなく25億円に到達する見込みだ。
 


★東宝映像事業部『プロメア』、興収8億7千万円記録(20時23分更新)
 
 東宝映像事業部配給『プロメア』(製作:XFLAG/アニメーション制作:TRIGGER)は、今週中にも興収9億円突破を見込む。
 8週目に入った週末は、土日2日間(13、14日)に全国74スクリーンで動員1万3660人、興収2135万4500円を計上。15日(月・祝)までの53日間累計では、動員60万5592人、興収8億8799万6200円を記録し、9億円が目前に迫っている。
 


★東宝映像事業部、『BRING~』を8月7日公開(20時23分更新)
 
 東宝映像事業部配給『BRING THE SOUL:THE MOVIE』は、8月7日(水)に全世界同時公開と決まった。
 


★TOCANA『カニバ』、連休中ほぼ満席の好スタート(20時23分更新)
 
 サイゾーが運営するオカルトサイト「TOCANA」の第一回配給作品である『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』が12日(金)にヒューマントラストシネマ渋谷で公開され、スマッシュヒットのスタートを切った。1日1回の上映ながら、15日(月・祝)までの4日間で動員582人、興収88万6600円を記録。
 


★ギャガ『ニューヨーク~』3週目週末前週比110%(20時23分更新)
 
 ギャガ配給『ニューヨーク 最高の訳あり物件』は、3週目の土日(13、14日)興収が前週比110%と好調に推移した。
 この土日は、全国8館で動員1020人(前週比106・3%)、興収127万4500円(109・5%)を計上。15日(月・祝)を含む3日間では動員1577人、興収195万4100円を計上した。
 なお、15日までの18日間累計は、動員9481人、興収1090万6850円を記録した。



★キノF『シンク・オア・スイム』、好調スタート(19時45分更新)

 キノフィルムズ配給『シンク・オア・スイム ~イチかバチか俺たちの夢~』は12日より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国11館で公開され、都内を中心に満席が続出し、好調なスタートを切った。……

この記事の全文は「日刊文化通信速報(日刊紙+Web)」の定期購読者のみ閲覧できます。