閲覧中のページ:トップ >

月刊文化通信ジャーナル 2021年1月号

月刊文化通信ジャーナル

2021年1月号


※上記画像は「表紙」「目次」および「掲載記事(一部)の1ページ目」をつなげたものです。バックナンバーを1部から購入できる文化通信社公式ECサイト「文化通信オンラインストア」では、各画像をより大きなサイズで見ることができます。
https://bunkatsushin.official.ec/items/37628004(2021年1月号商品ページのURL)

映画・放送・音楽の業界誌「文化通信ジャーナル」
2021 VOL.61 NO.1(通巻717号)

発売日:2020年12月末発売

【特集】
テレビ局映画が、映画界を救った ―2020年夏作品の3社に聞く―
▽日本テレビ 『今日から俺は!!劇場版』
 映画事業部長 伊藤響 / 映画事業部次長 飯沼伸之
▽フジテレビ 『コンフィデンスマンJP プリンセス編』
 映画事業センター室長 桑田靖
▽TBS 『糸』
 映画・アニメ事業部長 十二竜也 / 企画統括 平野隆

【特集】
2020年 映画業界の主な出来事

【IP×アバター】
バンナムE、吉本興業が海外企業と提携
人気IP保有2社のアバター事業に動き

【放送業界トピックス】
放送局オンライン旅行‐コロナ禍の新たな試み
フジテレビ、初の海外オンラインツアーが盛会

【放送業界トピックス】
香取慎吾主演アノニマスやバイプレイヤーズ等
テレ東、1月期「連ドラ」ラインナップが充実

【放送業界トピックス】
IP事業再編、インター社・ライツ社ら3社合併
朝日放送グループHD、アニメ社を完全子会社化

■記者座談会
邦画は「鬼滅〜」などアニメ5本占める
コロナ禍の2020年邦洋興収上位作品

■ひと
伊藤俊也監督(映画『日本独立』監督・脚本)
『日本独立』企画から紆余曲折を経て構想20年で映画化

■アルバムは語る
ロックのイメージを変えた文部大臣との対談
エイベックス・レーベル事業本部アドバイザー  寺林 晁

■岡田光由のハリウッド フォーカス
ワーナーの作品公開戦略がエンタメ業界に大波紋

■関根忠郎の映画業界一意専心
忘れない。「ふれ合う」ことの美しさ。
コロナ禍に想起する任侠映画の名場面!

■室井實のTV WATCH
寺島実郎・藤井聡の新番組
MX、硬派誕生の「裏事情」

■渡邉裕二の芸能事件簿 見聞録
第70弾 内閣広報室が記録 各局情報番組監視

NEWSダイジェスト
《映 画》
《放 送》
《ビデオ・動画配信・IP》
《音 楽》

資料の頁
●配給会社別 公開作品
●2020年配給会社月別興収
●2020年10月レコード生産実績
●オリコン作品別ベストセラー(月間売上枚数)順位表
●2020年10月度ビデオソフト売上速報

■文化ライタース
購読申込はこちら

バックナンバー

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年