閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 文化通信社 事業 >

「LIVEアイドル・コレクション」創刊記念イベント 京都で

文化通信社 事業

最新記事

「LIVEアイドル・コレクション」創刊記念イベント 京都で

2014年07月22日
「LIVEアイドル・コレクション」創刊記念イベント
柊木りおやスイバレらが「ガールズ音楽祭」でPR


ガールズ音楽祭の模様 7.jpg
CANDY GO! GO!(左)、柊木りお(右前)、SWEET BULLET(右後)

 “地下アイドル”の中でもライブを中心に活躍しているアイドルばかりを集めた初のコレクション本「LIVEアイドル・コレクション」がガム出版から19日に創刊され、京都・木屋町の元立誠小学校で開催中の「第一回ガールズ音楽祭」の中で記念イベントが行われた。イベントには柊木りお、SWEET BULLETやCANDY GO!GO!などが参加した。

  “地下アイドル”は、9年前の05年に東京・秋葉原を拠点に「会いに行けるアイドル」としてAKB48が活動を開始したことがキッカケとなり増え始め、その流れは今や全国各地に広がっている。ソロやユニット、グループは1000組を超えるほどいるとも言われ、今や「アイドル戦国時代」。この流れは衰えるどころか、ますます勢いは熾烈になっている。そんな中で特に、メジャーにならない「ライブ系の地下アイドル」に注目が集まりつつある。

ガールズ音楽祭の模様 1.jpg
ガールズ音楽祭 野外ステージ

 今回、創刊された「LIVEアイドル・コレクション」は、そういったアイドルたちにスポットを当てたもの。しかも創刊号は、〝地下アイドルによる初の水着コレクション〟ということで話題沸騰中だ。「地下アイドルといってもその多くはグラビア系とは一線を画したライブ系のアイドル。彼女たちを紹介した雑誌は存在しているものの、水着ショットだけを集めたものはこれまでなかった」と言うだけに、今夏、注目を集めることは間違いない。

ガールズ音楽祭の模様 3.jpg
SWEET BULLET(左)と柊木りお(右)

 創刊号の「LIVEアイドル・コレクション 水着編」に登場しているアイドルは、9人組の人気アイドル・グループCANDY GO! GO!や人気急上昇中の柊木りお、さらに7月16日にシングル「スイートバレット」でデビューした3人組グループのSWEET BULLETなど28組。しかも登場アイドルの殆どが「水着初挑戦」と言い、アイドル・ファンにとってはレアなコレクション本となっている。
 SWEET BULLETは7月16日にCDデビューしたばかりの新人だが、ライブ動員もうなぎ上りのグループ。彼女たちは同誌について「自分たちにとっても自信作。ライブとは違った面を楽しむことが出来る。1人でも多くの人に見てもらいたい」とアピールしていた。一方の柊木は先ごろ、パリで開催された〝ジャパン・エキスポ〟などにも参加するなど、地下アイドルの中でも一歩リードしている存在。8月27日には新曲「輪廻の恋」も発売予定。

ガールズ音楽祭の模様 4.jpg
CANDY GO! GO!の関根ゆみ(左)となぎさりん(右)

 なお、京都に続いて、7月26日から8月2日まで新豊洲の新名所マジック・ビーチで開催されるイベント「東京サマー・フェス DANCE/DANCE/DANCE」で、「LIVEアイドルコレクション」創刊を記念したイベントも実施予定。当日はコレクションに登場したアイドルによるライブパフォーマンスなどを予定。

ガールズ音楽祭の模様 5.jpg
ガールズ音楽祭の模様 6.jpg
ガールズ音楽祭の模様 2.jpg
ガールズ音楽祭の模様 8.jpg

隔月刊アイドル誌「LIVEアイドル・コレクション」創刊
http://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?bc=1&id=2804

アイドル野外フェス「ガールズ音楽祭」
http://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?bc=1&id=2766

過去のタイトル一覧

2020年

4月

2016年

3月

2015年

4月│ 6月│ 9月

2014年

3月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月

2013年

1月│ 7月│ 9月

2012年

5月│ 12月