インタビュー

写真

 6月17日の放送で最終回を迎えたTVアニメーション『ウマ娘 プリティーダービー』。実在の競走馬やレース結果から着想を得た物語は、制作陣の史実への真摯な姿勢と情熱が反映され、アニメファンと競馬ファンから高い評価を得た。 文化通信では、第4話終了後にTOHO animationの伊藤隼之介プロデューサーにインタビューを行い、作品に懸けた想いを語ってもらった。(前回の記事はコチラ) そして全13話

エンタメ・トピックス

写真

 グライダーに青春をかける若者たちを描いた漫画「ブルーサーマル‐青凪大学体育会航空部‐」が、VR(バーチャル・リアリティ)で映画化された。タイトルは『ブルーサーマルVR‐はじまりの空‐』。メガホンをとったのは、『カメラを止めるな!』の新鋭・上田慎一郎監督。VR作品の演出は今回が初挑戦ながら、鑑賞者がグライダーに乗って大空を飛んでいるような感覚を味わえる爽快な作品に仕上げた。 同作は、5月に行わ

文化通信コラム

写真

 大ヒットスタートだったが、トーンダウンした。「劇場版 Fate/stay night[Heaven's Feel] Ⅰ.presage flower」(長い)のことである。同作品は、先々週の10月14日から公開され、14、15日の2日間で全国動員24万7507人・興収4億1303万0620円を記録した。上映館数は、何と128館に過ぎない。すごい数字である。 ただ、2週目の10月21、22日は、1