芸能エンタメニュース

インタビュー

写真

 小林克人、健二の兄弟監督によるインディペンデント映画『フローレンスは眠る』が3月5日より公開された。初のドリパスチャレンジ成功を果し、メイン館はTOHOシネマズ日劇と決定した。チャレンジ内容は400人以上のチケット予約、これを見事クリアした。なお前作『369のメトシエラ~奇跡の扉~』は、ぴあ調査「初日映画満足度ランキング」第1位に輝いている。ファンから強く支持される小林兄弟監督。彼らの経

エンタメ・トピックス

写真

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパンが発売するカタログの看板商品に成長した「吹替の帝王」。第1弾の『コマンドー』を皮切りに、いまや11作品が世に送り出された。そして、最新作『インデペンデンス・デイ』(=右画像)が6月3日に発売を控えている。洋画吹き替え、声優ファンの心をつかんで離さない同商品について、文化通信では2014年、2015年と2年連続で担当者にインタビューを行

文化通信コラム

写真

 今年に入って公開された洋画のスタート成績を見て、改めて驚いた。相当厳しいのである。昨年2015年の映画興行は、洋画の奮闘もあり、興収発表となった2000年以降では、第2位の成績となる2171億円を記録した。洋画は、前年14年と比べて、100億円以上も増えた。毎回、何度も指摘している強力シリーズものの新作が、数多く並んだからである。アニメの強さも、当然入る。 ところが、非シリーズもの、すなわち知名