芸能エンタメニュース

インタビュー

写真

 新進気鋭監督6人が注目の若手女優とタッグを組み生み出したオムニバス映画『TOKYO CITY GIRL』が、9月5日より角川シネマ新宿ほか全国順次公開される。配給元のアークエンタテインメントによると、この企画で短編全12本が製作される予定だという。今回は夏バージョンとして前半6作が公開される。 それぞれの作品に、東京の街の雑踏で懸命に生きる女の子が登場する。そのうちの一本『KOENJ

エンタメ・トピックス

写真

坂上氏  記者が前月の文化通信ジャーナル(2015年8月号)で角川グループ映像部門の過去20年来の変遷をたどる中、日本ヘラルド映画を傘下に収めたことは非常に重要な出来事の一つだった。この角川特集は、記者がヘラルドについても思いをめぐらす機会になった。記者はこれまで数多くの映画を見てきたが、我が学生時代がいかにヘラルド配給作品と共にあったかを実感。いわば、ヘラルド作品で育

文化通信コラム

写真

 この8月末、今年の夏興行は、2000年以降ではもっともハイレベルの成績になっていると、私は新聞、雑誌、WEBなど、至る所で発信している。映画の情報は、とくに好ましい現象が起こったときは、できる限り多くの場所(メディア)で伝えていこうと常々思っているからだ(逆の現象も重要だが)。夏興行の賑わいは、映画発信の重要なポイントと考える。なのに、意外やマスコミは、それほど熱をもって取り上げない気がする。ま